*

借金を返したくても返せない! 

雑誌のチラシ、スポーツ紙、電柱にあるビラやDMで「債務の片付けします」「多重負債を集約したいと思ったら」という内容の広告を閲覧することが多いです。

これらは、「整頓屋」「買取業者」「つなぎ業者」と呼ばれている会社の広告のケースも存在します。

それらを申し込んだときには自己破産申し立てフローの中で一番大切な免責許可を受け取れないリスクも存在します。

「整頓人」というのは宣伝などで借金を抱える人はおびきよせ、法外な代金を取り債務整頓を行うのですが、本当は借金整頓は行われないで、債務者は負債スパイラルにはまってしまうことがすべてと言ってよいでしょう。

「買取業」の場合は負債人のカードで、家電、電車の利用券を仕入れさせ、債務者から買った品を購入額の20%もしくは半値で引き取るというやり口です。

債務者は瞬間的にはキャッシュが手に入りますがいつかカード企業からの買ったものの全額の支払い要求が送られて来ることになり、結局は借金を悪化させる結末で終わります。

この場合だとカード会社への犯罪行為ということで免責承認をもらえなくなります。

「つなぎ屋」というのは、大手サラリーマン金融から借りられなくなった負債者へ、金貸しはせずに、提供を可能な異なる同業者を呼び出し、高額な手数料を請求するグループです。

紹介業者は自らのつなぎで融資できたかのようにしゃべりますが現実は何もしないで、種は簡単で選考の緩やかな会社を伝えているというだけなのです。

この場合だと結局のところ借金額を増加させるだけです。


コメントする