*

2014年3月

楽しく就活・楽しく面接

結論から言うと、人気のハローワークの推薦で就職する機会といわゆる人材紹介会社で仕事就くのと、いずれも並行して進めるのがよい案だと感じられます。
野心や理想的な自分を目的とした転業もあるけれども、勤め先の企業の問題や通勤時間などの外から来る理由により、仕事を辞めなければならないケースもあるでしょう。
仕事に就いたまま転職活動するような際は、周辺の友人に相談を持ちかけることも難題です。仕事を辞めてからの就職活動に比較して、アドバイスを求める相手は少々少ない人数になってしまいます。
今の会社を辞めて再就職しようと計画したとき、「今いる仕事よりも、ずっと給料も待遇も良い会社がどこかにある」なんて、絶対にみんな揃って考えをめぐらせることもあるに違いない。
「オープンに内心を言ってしまうと、転職を決心した最大の要素は給与の多さです。」こんな例もよくあります。ある外資のIT会社の営業職の30代男性社員の事例です。
転職について空想したときには、「今いる会社よりも、ずっと給料も待遇も良い企業があるかもしれない」そんな具合に、まず間違いなくみんな揃って思い描いたことがあって当たり前だ。
【就活のための基礎】大事な点。あなたが会社を選ぶ場合に何と言っても自分の希望に忠実になって選ぶことであって、何があっても「自分のほうを就職先に合わせよう」なんて馬鹿なことを考えては失敗するでしょう。



借金を返したくても返せない! 

雑誌のチラシ、スポーツ紙、電柱にあるビラやDMで「債務の片付けします」「多重負債を集約したいと思ったら」という内容の広告を閲覧することが多いです。

これらは、「整頓屋」「買取業者」「つなぎ業者」と呼ばれている会社の広告のケースも存在します。

それらを申し込んだときには自己破産申し立てフローの中で一番大切な免責許可を受け取れないリスクも存在します。

「整頓人」というのは宣伝などで借金を抱える人はおびきよせ、法外な代金を取り債務整頓を行うのですが、本当は借金整頓は行われないで、債務者は負債スパイラルにはまってしまうことがすべてと言ってよいでしょう。

「買取業」の場合は負債人のカードで、家電、電車の利用券を仕入れさせ、債務者から買った品を購入額の20%もしくは半値で引き取るというやり口です。

債務者は瞬間的にはキャッシュが手に入りますがいつかカード企業からの買ったものの全額の支払い要求が送られて来ることになり、結局は借金を悪化させる結末で終わります。

この場合だとカード会社への犯罪行為ということで免責承認をもらえなくなります。

「つなぎ屋」というのは、大手サラリーマン金融から借りられなくなった負債者へ、金貸しはせずに、提供を可能な異なる同業者を呼び出し、高額な手数料を請求するグループです。

紹介業者は自らのつなぎで融資できたかのようにしゃべりますが現実は何もしないで、種は簡単で選考の緩やかな会社を伝えているというだけなのです。

この場合だと結局のところ借金額を増加させるだけです。

外壁塗り替え

会社の外壁の色を塗り替える事になったので、塗装業者と足場工事業者を探しています。

塗装業者は以前に会社内の塗装と担当してもらった業者にお任せすることにしました。

さて、足場工事はどうするかな?

出来るだけ会社の近くの地元の業者さんにお願いしたいなって思ってネットで探していたら

足場工事はこちら」←この業者さんを見つけましたよ。

なんと会社から徒歩で行ける距離です。こんな近くにあったんですね(^_^;)

早速、明日の朝から電話で見積もりをお願いしようと思います。

参照:http://www.ashiba-yamafuji.co.jp/jirei/s_05.jpg


いきなりが面白い

不意を突かれると、人間状況を飲み込めずパニックになってしまいます。
それを利用したのがフラッシュモブ。結婚式や誕生日、企業のイベントなどで行われているようです。
結婚式フラッシュモブ
残念ながら私は、まだ生で見たことがありません。ネットの動画を見るかぎりでは、完成度の高いフラッシュモブほど成功しているようです。
どんな人たちがやっているのが調べてみたところ、素人がほとんどでした。
中にはイベント会社が行っているものもあり、なかなかのクオリティーでしたよ。
気になったら調べてみるといいかもしれません。

7871172_orig.jpg
参照:http://zexy.net/wedding/c_7770044250/blog/images/7871172_orig.jpg?1390531907116